日本における結婚指輪の成り立ちと実体、つけない人もいれば、親から融資してもらう人もいるなどさまざまなカタチがある

結婚指輪のいろいろ

by admin01

婚約指輪を省略するカップルが若干減っている中で、結婚を決めたカップルのほとんどが結婚指輪の準備をしています。

結婚式はチャペルウエディングは相変わらずの人気ですし、教会式では結婚指輪の交換は結婚式のメインイベントでもあります。

結婚指輪に関しては、日常使いをするものなので、5年先、10年先にプラチナやダイヤモンドのついた年齢相当のものをまたプレゼントしてもらえばいいからと、安価でも心のこもった結婚指輪を準備しようという考え方があるようです。

一方、カルティエやティファニー、ハリーウィンストンなどのハイエンドの結婚指輪を贈りあうカップルもいます。

100のカップルがあれば、100組の結婚指輪が存在するのがわかります。

ハイエンドのヨーロピアンブランドも、シンプルなデザインでダイヤモンドなどの宝石が使われていないタイプの結婚指輪は、ブランドのイメージに比較して安価なラインも少なくありません。

一度お店をのぞいてみると、意外な価格でブランドアイテムが入手できることに気づきます。

国産のブランドの中には、独自のデザインテイストを持ち、工房で手作りで仕上げる丁寧な仕事ぶりに好感のもてるブランドも見つかります。

長く身に着けるものだけに、国内生産ならばメンテナンスなども安心して任せることができます。

親身になって相談に乗ってくれたり、丁寧なサービスを受けられるのも良いですね。

フルオーダーメイドをしても割安感があるところもあります。


Comments are closed.

Theme by Ali Han | Copyright 2017 結婚指輪ハートフルナビ | Powered by WordPress